iPadでマウスを使うための方法やおすすめのワイヤレスマウスを紹介!

ワイヤレスマウス

こんにちは

最近、社内でiPadを貸与する制度が創設されまし。それもあって、私の周りもiPadを使うようになってきました。

拠点間でZoomで雑談でやり取りしたり、会議をしたりするようになりました。よく聞かれることがあります。

その操作はどうやっているんですか?

私は会議の時のZoomは、会議室のディスプレイにつなぎます。iPadとディスプレイには、少し距離があります。

なので、ワイヤレスマウスを使っています。そんなとき、他の拠点の人から「どうやって遠隔操作しているの?」と聞かれることがよくあります。

私のいる会社は、IT化やデジタル化が結構遅れている会社です。ディスるつもりで言ってるわけではありません。

中小企業だから仕方がない部分が多いかなと思っています。昨今のコロナで一気にIT化が進みました。ハードを揃えただけで肝心の使う人の方がついてこれていないのが顕著に表れています。

私なんかは結構いろいろ調べて、たいていのことは解決させるのです。しかし、やっぱり今までそういう風なことをしてこなかったり、そこまで興味のない人からすると、どうやっているのか、手っ取り早く聞くというのでよく聞かれます。

iPadでマウスを使う前に確認すること

さて、iPadでマウスを使って遠隔的に操作する方法ですが、これはBluetooth対応のマウスをiPadにペアリングさせることで操作できるようになります。

Bluetooth対応のマウスをペアリングするにあたって、注意点があります。

それは、iPadのiPadOS13.4以降が必要になります。

iPadのOSのバージョンの確認は、設定アイコンを選んで

「一般」→「情報」を選ぶとお手持ちのiPadの情報が一覧で表示されます。そのなかに「システムバージョン」というのがあります。

そこを確認して、13.4以降であることを確認しましょう。また、以下のモデルのiPadはiPadOS13以降に対応しています。

  • iPadPro(すべてのモデル)
  • iPad(第5世代)以降
  • iPadAir2以降
  • iPadmini4以降

新しいiPadは、だいたい対応できていると思います。ただし、相性みたいなものも稀にあるそうです。

Bluetooth対応のマウスをiPadに接続する方法

1.まずは、接続したいマウスをiPadの近くに置きます。

2.そして、次にマウスをペアリングモードにします。ペアリングモードにする方法は、そのマウスの取扱説明書を確認しましょう。

3.iPadで設定を開いて、左の列にあるBluetoothをタップします。右側にBluetoothで接続されている「デバイス」の欄が出ていると思います。

接続したいマウスが表示されていればそれを選択すれば、接続できるようになります。

その他のデバイスに表示されるのは、そのマウスの型番であることが多いのです。自分の接続しようとしているマウスの型番を確認するようにしましょう。

ワイヤレスマウスをつなぐときの注意点

また、よくあるのですが、ペアリングがうまくできないことがままあります。そういうときは、iPad側で一旦Bluetoothのオンオフを切り替えて試す。

または、接続したいマウスの電源を落とす。改めてペアリングモードにするようにしてみましょう。

たまに、電波が干渉しあっているのかなぜかうまく繋がらないことがあります。

そうなるとなかなか焦ってしまって諦めたくなる気持ちもわかります。一旦心を落ち着けて再度チャレンジしてみましょう。

年配の社員の人からよく聞かれてその場で実演しながら説明することが多々あります。

うまくいかないときってままあります。どうしてできないのか原因がわからないこともたまにはあります。

その時は、落ち着いてやればだいたいうまくいきます。

Appleのホームページで参考になるページはこちら

私が使っているワイヤレスマウス&おすすめのマウス

最後に私が使っているマウスとおすすめのマウスをいくつか紹介したいと思います。

まず、私の使っているワイヤレスマウスですが、ロジクールのM585MGというマウスになります。

マウスといえば、やはりロジクール製のマウスが安定感があってよいかと思います。

このマウスを使っているのは、iPadだけではなくノートPCなどのマウスにも使うことができるからです。ロジクールM585マルチタスクをするのに向いているマウスでもあります。

また、手にフィットするデザインがちょうどよくて長時間使っていても疲れません。加えて、Logicool Optionsを使ってカーソル速度を変更します。

Flowテクノロジーを有効化し、ショートカットをボタンに割り当てることもできます。

カスタマイズして使いやすくできることもこのマウスの良いところです。
追加のサムボタンとティルトホイールは、必要な操作を実行するように調整することができます。

「進む/戻る」ウェブナビゲーション、ブラウザウィンドウを開く。

アプリケーションの切り替え、または全画面表示への切り替えなどが簡単に行うことができます。

最後にお勧めのマウスですが、これもロジクールになります。

ロジクールの MX Master 3 MX2200sGRになります。

これは、MacとiPad上でシームレスに動作するように設計されたワイヤレスマウスです。まさにピッタリの製品だと思います。

人間工学に基づいたデザインです。また、人の手で成形された快適形状のエルゴノミクスデザイン。

親指用ホイールのついたホイール操作エリアはフィット感と機能性が更に向上しました。

複数のワイヤレス接続に対応です。最大6台の対応デバイスを1つのUSBで接続可能なUnifying(USB)に対応しています。

価格が1万円を超えているので、iPadでつなぐだけの方にはお勧めはできません

iPadだけではなくパソコンにも併用で使いたい方には結構おすすめです。

疲れにくい設計なので、仕事で長時間マウスを使う人には結果的にコスパのよい商品だと思います。

そこまでヘヴィに使わないという方には、エレコムのワイヤレスマウスなんかが比較的リーズナブルな価格で尚且つ幅広く対応しているのでお勧めです。

大きさも持ち運びにちょうど良い大きさですし、プレゼンテーションモードなどもあるので使いこなせれば、ビジネスマンとして注目間違いないかもです。

まとめ

今回は、iPadでマウスを使う方法について紹介しました。最近はいろいろな商品が出ています。

商品によっては、うまく接続できないなどもチラホラ聞こえてきました。

個人的にはそれなりに名前の通ったメーカーのマウスを使うといいんじゃないかなと思います。

かくいう私も聞いたこともないようなメーカーのものを買ってよく失敗しますw

私は元々ガジェット関連が結構好きなので、そういう当たりはずれも楽しみながらやっています。

多少の当たりはずれは気になりません。その経験を踏まえると、やっぱり仕事で使うとなるとロジクールのものがおすすめです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

zumi

アラフォー騎空士。ランクは310です。難しいことはよくわからない、雰囲気でグラブルをやっているどこにでもいる社会人騎空士です。よろしくお願いします。

-ガジェット系レビュー
-, ,