仕事

HACCAPについてなんか知らないとまずいようなので調べようとした

おはようございます。

先日、HACCAPの制度が6月から新しく始まっているということから遅ればせながら少し勉強することになりました。

きっかけは、保健所から衛生監視票を交付してもらうために検査に来てもらったときに、開口一番、衛生計画書と手順書(手引書)について見せてください、と保健所の担当の方から言われたときに、「え?何、衛生計画書と手順書って・・・???」となってしまったことです。

私は、直接関係していなかったのですが、支店長が検査日に不在で検査に立ち会ってほしいと依頼されたので

前任の支店長が、HACCAP関係のことを一手にしていたので、このあたりのところが本当に疎くて、尚且つ、現任の支店長がこの辺りの部分を全く引継ぎを受けていないみたいで事務所内に詳しい人が一人もいない状況でした。

支店長が前任の支店長に聞けばある程度のところはいけたんじゃないかとも思うのですが、実際問題としてあんまりそういうことをしている感じはなく、プライドが邪魔をしているのか、それとも関係が良好ではないのかわかりませんが、丸投げしてくれるなよとは思っています。

まぁ、関係が良好でなくて聞けないというのは、私も経験があるので理解はできるのですが。。。変なプライドが邪魔をしているならそこは改めていただきたいなぁと願うばかりです。

厚生労働省のホームページを眺めていたのですが、すべての食品等事業者がハサップに沿った衛生管理をしていきましょうというのが今回の制度の主旨のようです。

① 「一般的な衛生管理」及び「HACCPに沿った衛生管理」に関
する基準に基づき衛生管理計画を作成し、従業員に周知
徹底を図る
② 必要に応じて、清掃・洗浄・消毒や食品の取扱い等につい
て具体的な方法を定めた手順書を作成する
③ 衛生管理の実施状況を記録し、保存する
④ 衛生管理計画及び手順書の効果を定期的に(及び工程に
変更が生じた際等に)検証し(振り返り)、必要に応じ
て内容を見直す

厚生労働省HP-HACCPに沿った衛生管理の制度化

保健所の担当者が開口一番に言った、衛生計画書と手順書というのは、基本中の基本だったようです。

何にも知らずに参加した私は、実は大恥をかいていたことが今になってわかりましたwww(てゆうか、社内で誰か教えてくれよw)

私みたいなずぶの素人に何仕事を押し付けてくれてんだ、このおっさん!と思いながらも、HACCP制度を見ていきます。

HACCPとは?

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

なんか小難しいことを書いてありますが、食中毒や異物混入を防ぐための衛生管理手法の一つということなんでしょうか

HACCPの略が「Hazard Analysis Critical Control Point」であるというのも今知ったよ・・・私

このHACCPの対象事業者としては、事業規模によってどういう衛生管理をしないといけないのかということも定められているようです。

大きくは

・HACCPに基づく衛生管理

・HACCPの考え方を取り入れた衛生管理

の2つに分類されるみたいです。私の所属している会社では、下のHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のほうを適用して、取り組み内容としては「HACCPについての簡略化された衛生管理を行う」ということになっているようです。

なんか春の全国会議でもそんなこと言っていたような気がしますが、当時は関係ないやと思って聞き流していた部分ですね・・・orz

なかなか自分のふがいなさに痛感しつつ、これから少しずつ勉強していかないといけないなぁと思いました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

-仕事
-

© 2022 zumischief Powered by AFFINGER5