仕事

電子帳簿保存法のことで、社内が慌ただしくなってきた・・・?

おはようございます。

先週は、来年の1月から改正となっている電子帳簿保存法の改正により社内での保存義務の発生するものが増えることからその説明があった。

説明自体はそんなに難しくないと感じたけど、ややこしいなというのが印象的でした。

対象は電子取引のみとか全部ではないというの正直ありがたい。

説明を聞くまでは、取引全部いちいちスキャナで読み込んだりして保存しないといけないとか想像していたので、そんなことやってられない、それをするだけの人材をバイトかなんかで雇わないととてもじゃないけど業務が回らないと思っていたけど・・・

会社からは、保存するための領域のこととかざっくりと簡単に説明があり、説明会自体はあっさりと終わった。

説明会から3日後、唐突に本社の責任者から次の会議に出るように要請された。

毎月、その会議とは管理系の社員を対象に各部課ごとに電話会議をしているのだが、私は、管理職なので普段は担当者に横のつながりを持ってほしいこともあって、私が参加することはせず、部下に順番交代で出席させている。

今回は、私が出るようにというのが呼ばれた理由は、3日前の電子帳簿保存法の説明会絡みのことらしい。

説明会で説明したが全然伝わらなかったらしい・・・今回の電子帳簿保存法の改正の対象は電子取引のみということを説明したのだが

早速、スーパーで買った食品のレシートをわざわざスキャナでとって、電子帳簿保存法のために作った領域に保存した部署があったそうだ

電子帳簿保存法の改正では、あくまで電子取引のみ保存するようになったんだけど、そこが全く伝わらなかったらしい。

とりあえず、仕入れや売り上げ関係の請求書関係の部分は私のところにほぼ回ってくるからそこはルールをよく読んで対応しようと考えていた。請求書関係はいいんだけど、営業マンが精算する経費精算なんかも一部対象になってくるものについてどうやって徹底させるかが課題だ

支店長も営業課長も説明会に引っ張り出して聞かせたが、なんかどこかで自分には縁遠いものだと思っている節がある。本当に困ったものだ。

まぁ、わからなくもないのだが、説明くらい聞いてくれよ・・・とりあえず話が通じそうな人間を捕まえて説明させるのが本社の狙いのようだった

まぁ、先週だったか日経だったと思うけど、2年の猶予を設けるというのが記事になっていて、おそらくそうなるので2年間は練習する期間があるのかなと楽観的に考えている。

拒否権がなさそうなので、改めての会議に出る羽目になってしまった。さて、会議の前に自分の部下への説明をやらないといけないしまた仕事が増えそうだ><

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

-仕事
-,

© 2022 zumischief Powered by AFFINGER5