仕事

部下からの退職の相談

こんばんは

今日は、管理職になって初めて部下から退職の相談を受けたときのことを少し・・・

ある日、部下から相談したいことがあると言われたので、話を聞くと仕事を辞めたいと。

その部下はそつなく仕事をこなし、周りを手伝うこともなく定時で帰る派遣社員のような正社員で

そのくせ忙しいとか言いながら定時に合わせて仕事を切り上げる節のある子だったので

その相談を受けたとき、聞いた瞬間はショックだったけれどなんとなく今までの行動に合点がいったので

ショックからはすぐに冷静になった。

今後の事を聞くために退職したい理由を聞いてみた。

すると、やりたいことができたのでその道へ進みたいと

「へぇー」と思っていると間髪入れずに、なりたい職業というか進みたい進路を話してくれた。

聞くと結構ニッチな職業であとから調べてみるとたしかに資格を取っていれば比較的仕事に就くのは難しそうではなさそうだ。

けど色々聞くとそれが本心ではないことがなんとなく感じ取れた。

それを感じ取った理由はいくつかあるけど、退職時期と理由の深堀りをした時の違和感があった

①退職時期について・・・来年の春もしくは夏という意外にもアバウトで自分でぼんやりとしか決めていないようだった。やりたいことができたのでその道に進むという人間が時期も決めないというのは、自分の転職の時の経験から言って有り得ない

だからおそらく理由は他にあるんだろうなと・・・

②会社が大変な時なのでもう少しの間はいると言っている。・・・本人は気づいているのかわからないけれど、これからどう考えても不況が来る。株価は意味不明に上がっているけれど・・・

どう考えてもこれから転職しようとすると不況の真っただ中で転職活動することになるが、この子に自分にとって有利な転職活動ができるとは到底思えない。仕事ぶりを見ていてもそうだし、年齢的にも職歴的にも正直辛いと思われる(正社員になるまでは派遣を転々としていたらしいし・・・)

正直引き留めるかどうか悩んだけど、おそらく言い出している時点で気持ちは変わらないだろうからとりあえず希望については私は支持することにした。言い合っても多分意固地になるだけだろうし、上司として見てもただ一人だけ残業しない、だけど仕事を振ろうとするとなんだかんだで嫌がるこの子をこのまま置いていても扱いづらいだけなので、本人が辞めたいと言っているならちょうどいいと考えるようにした。

判断があってるかどうかわからないけど、このまま引き留めてもお互いにストレスフルになるだけなんじゃと思ったので最終的にそういう風に判断した。管理職になったからには、これからもこういう場面って来るんだろうな・・・

-仕事
-

© 2021 zumischief Powered by AFFINGER5