仕事

親ほど年の離れた人との距離感・・・

自分が、今働いている会社で自分の親ほど年の離れたAさんというのがいるのですが、どうも反りがあわないというか文章力がないのもあってうまく表現できないのですが・・・

その人とは同じ支店のメンバーなんだけど、課の違う人。親ほど年齢の離れた人なので、普段そんなに絡むことはないんだけれど、業務のことでぶつかることがあった。

ある時そのAさんが所属する部署で業務のミスが起こった時に、その原因が判明はしなかったのだが、わかる範囲で原因を突き止めようとしている過程で、私の部署から回ってくる書類がどうもその部署には行かなかったのか、いったけど何らかの理由で紛失されて、うまく情報が伝わらなかったためにミスが起こるという事例が発生した。

その原因を聞きまわっている中で、私の部署が二重チェックをしていなかったことを直接の原因とは言わなかったがその可能性が高いという風な感じで言ってきたのだ。自分の部署に回ってこなかったのは、私の部署できちんと二重チェックをしなかったからだと言わんばかりに・・・

言っていることは正論でわからないこともないのだけれど、私の働いている会社は大きな会社というよりは中小零細企業の類の会社なのでとてもじゃないけど二重チェックなんてやり始めたら雪だるま式に業務が増えることもあって、私の部署は人員も限られているため、重要な案件を除いては個々のメンバーをある程度信用して業務をしないと、要求されている業務量をこなせないのでそこは割り切って業務にあたらせていた。

どこもかしこも2重チェックができるほど人員に余裕はないし、何より遠回しに私の部署のせいにしようとしているのがあまりいい気分がしなかった。そのAさんの部署は二重チェックができているかというとそんなことは全然なかった。それよりも結構な頻度でミスをするので、他の部署に迷惑をかけていた。

そもそも自分の部署でも、二重チェックなんてできていないのに、それをほかの部署にやってもらってミスを防ごうとする姿勢が、自分より倍生きている人間の出した解決策のように思うとなかなか好きになれなかった。一方で自分の頭では解決方法が見つからないんだろうなぁということも何となくだけど伝わってきた。

というのもチェック的なことやそのAさんに確認の仕事をするように提案したところ、パソコンや社内システムに詳しくないからという理由でチェックを拒んだり、それはそもそも私の部署でやることなんじゃないの?という風な感じでどことなく自分は当事者でないような感じがする言い方をする人だからだ。

そういう風に聞こえることや、今の職種的には畑違いということもあるのかもしれないが、自分よりも倍以上今の会社でのキャリアがあるのになんかそこにうまく踏み込まないというか厄介払いしているように感じてしまって、結局のところ他人に押し付けたいだけなんじゃないかと勘繰ってしまう。。。

こういうタイプの人とははっきり言ってかかわりたくないのだが、私も管理職の端くれになってしまったのでそういうわけにもいかない。辛いなぁ

自分の部署の二重チェックの方法についてもう少し改善できるかどうか考えてみようと思う。答えが簡単に出るとは思えないけれど・・・

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-仕事
-

© 2021 zumischief Powered by AFFINGER5