講習

スポンサーリンク

昨日、今日ととある講習で2日間、拘束されていました。なんか会社で誰かひとりは最低受けないといけないらしく部下に指示したけど、ほんとに行けないらしくて仕方がないから私が行く羽目になった。

1日目は、割と若い講師の方が講習をしていた。少しかったるいなと思いながらも知らない知識だったのでふんふんと思いながら聞いていた。

最終日の2日目、とある高齢の大学教授の先生が講師だった。これがまた、わかりにくいし話は面白く無し最悪な講師だった。1日目の講師が余程ましに思えたし、大学教授ってほんとにものを教えるのが下手くそだなぁと再認識することになった。もちろん、全員がそうとは言わないが、自分が学生のころからだけど日本の大学の教員(特に高齢の方に多い)は本当に教えるのが下手だと思う。

1日目の講師の方は40くらいの方だったけど、講師としてやっているのがメインらしく、時間配分もそうだし我々ただただ聞いてる人が退屈にならないようにいろいろ工夫したりプロだなぁと感じた。

2日目の講師は、ほんとにそういうのがなくて、時間配分もめちゃくちゃだし、話の内容も簡潔に整理されていないから何を言っているのかわからない。反面教師にはいいけど、聞く側としてはたまったものではない。こういう言い方ほんとにダメなのはわかっているんだけどハッキリ言って早く引退して若い助教授とかに席を譲ってあげてほしいなとかそんなどうでもいいことが、講習中ずっと頭を巡っていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました